埼玉県草加市の観光名所&草加せんべいをご紹介!

草加市の観光名所「草加松原遊歩道」をご紹介!!

東武伊勢崎(スカイツリーライン)線、松原団地駅から旧日光街道(県道足立越谷線)に出ると、
綾瀬川沿い一帯に美しい松並木が広がっています。

この松並木は、なんと江戸時代から「草加松原」「千本松原」などと呼ばれ、古くから日光街道の名所になっています。
草加市は江戸時代の日光街道の宿場町であった為、「奥の細道」で知られている松尾芭蕉もこの「草加松原」を訪れ、
「奥の細道」では、旅の第1日目に「草加松原」についてはっきりと記しています。

平成26年3月に国の名勝(おくのほそ道の風景地)に指定をされました。
634本の松が植樹された約1.5キロメートルにも及ぶこの松並木は、
ゆったりとした石畳の散策道に整備されているので、小さなお子様連れのご家族も安心して散策する事が出来ます。

友人や恋人と綾瀬川から吹く風を感じながら、松並木を眺め、ゆっくりとした時間を過ごして頂くのにおススメです。


草加松原遊歩道の南側に位置し、綾瀬川舟運の船着き場を再現して整備された「札場河岸公園」内には、
草加の地を訪れたとされる松尾芭蕉の像や県指定文化財に登録される甚左衛門堰のほか、
松並木や綾瀬川を一望できる五角形の望楼など、宿場情緒あふれる建造物が立ち並んでいます。

松尾芭蕉の記した「奥の細道」にちなんで名付けられた二つの太鼓型の橋「百代橋」と「矢立橋」は、草加市のシンボルとなっています。
草加宿を訪れた文学者、正岡子規や俳人の水原秋桜子の句碑も建てられています。

札場河岸公園入口
(写真:札場河岸公園内、松尾芭蕉像)

草加市のお土産、「草加せんべい」をご紹介!!

~草加せんべいの歴史~

草加市は、昔から米どころと言われ多くの米が取れたことから、農家の人々は余ってしまったお米を保存するた為に、
お団子状にした米を乾かしたものを保存食として作っていました。
江戸時代になると、草加宿が現れ、茶屋や物売りが軒を並べるようになりました。
この頃から、保存食だったお煎餅もお店で売られるようになり、広まっていったと考えられています。
当初は生地に塩を練りこんだものでしたが、醤油が普及し始めた幕末頃から、焼いたお煎餅に醤油が塗られるようになったそうです。

明治後半になると煎餅屋が増えていきますが、当時はお煎餅屋としてではなく、雑貨などの商売の片手間に行われていたそうです。
大正時代以降、お煎餅の認知度は高くなります。
そのきっかけは当時、川越で行われた特別大演習で、「煎餅」が埼玉の名産品として天皇に献上されたことにあります。
「天皇家が召し上がったおいしい草加の煎餅=草加せんべい」として、瞬く間に名称が広がっていきました。
この頃から、お煎餅づくりは地場産業として発達していきました。

昭和に入っても順調だった煎餅産業は、太平洋戦争の激化から配給物資の統制により材料の米が手に入らず、煎餅屋は次々に廃業してしまいました。
警察の厳しいヤミ米取締の中、どうにか材料の米を手に入れて製造を続けた業者もいましたが、煎餅産業にとって受難の時代がしばらく続きました。
しかし、この時危険を冒してまでも技術の伝承を途切れさせなかったことが後に幸いしました。

昭和30年代、コメの統制解除や高度経済成長の波に乗って、
駅やデパートでの即売会などで「草加せんべい」の知名度は飛躍的に上がりました。

しかし「草加せんべい」の知名度が上がるにつれ、草加以外の煎餅屋の製品や、
異なる製法によるものに草加せんべいの名称を使う業者が全国で横行し、
その結果「草加せんべい」は全国的な知名度を得たものの、類似品や模倣品によって信頼が低下してしまいました。

こうした状況を打開し、正真正銘の「草加せんべい」ブランドの復権と確立に向けて、
市と煎餅業者が一致団結し、「本場の本物」の認定に続き、「地域団体商標」を登録しました。

本物の草加せんべいの見分け方!

その地域で伝統的に培われた「本場」の製法とその地域の材料を使った「本物」の味を作り続ける加工食品に対し、
農林水産省が管轄している食品産業センターが認定する地域食品ブランド表示基準により、
平成18年2月に草加せんべい他6品目が第1号として認定されました。

草加せんべいの基準は次のとおり(認定当時)

①製造地が、草加・八潮・川口・越谷・鳩ケ谷で製造されている。
②材料は、関東近県で収穫された良質のうるち米を使用している。
③製造する際に、最低10年の経験を持つ職人が製造を管理している。
④焼き方は押し瓦での型焼き又は、押し瓦方式を取り入れた堅焼き。

※認定商品には信頼の証である「本場の本物」マークが付いています。
本場の本物ロゴ

草加市でクレジットカードのショッピング枠を即、現金化したい方は春日部ギフトへ!!

クレジットカードの現金化ショッピング枠をとは?
カードでお金とは、VISA・JCB・マスターなど国際ブランドが入ったクレジットカードの
お買い物ができるショッピング枠(利用可能額)を利用して現金化することを
『カードでお金』『カード現金化』『ショッピング枠現金化』といいます!

詳しくはこちら↓(クリック)!
カードでお金とは(カード現金化)?
現金化の流れ(システム)
電話での問い合わせ=048-755-8889

お支払いに関してもカード会社に支払いをしていただくのみとなります!
支払い方法もリボや分割がありますのでお客様の生活にあった支払いかたができるので安心です!

※インターネットで無店舗型カード現金化や振り込み型カード現金化をよく目にしますが大半が悪質な為危険ですのでお気をつけください!
利用した後に連絡がつかなかったり、金額がまったく違ったりなどがある為私たちは注意を促しております!

春日部駅着後から春日部ギフトまでの行き方をご案内!

【春日部駅~春日部ギフトまでのルート】
ルート1.春日部駅西口側にでて駅前1つ目の信号(春日部駅西口交差点)を右折(目印マルヤ不動産)し、右折後約100メートル直進して左折(目印くすりの福太郎と洋服屋きゃぷてん)し、左折後100メートル位直進して左手に公園がでてきますので公園を過ぎて右折できますので右折してすぐ右手に春日部ギフトのお店があります(目印ジンギスカンしげまる隣)。

ルート2.春日部駅西口側にでて駅ロータリー通り2つ目の信号(中央一丁目)を右折(御菓子ちぐさ・牛丼屋松や)し、100メートル直進し左手に公園がでてきますので公園過ぎた十字路(美容室)を左折後すぐ右折していただきすぐ右手に春日部ギフトのお店があります(目印ジンギスカンしげまる隣)。

春日部ギフト

 

 

 

 

春日部ギフト店舗案内

春日部ギフトはお客様からの信頼があるからこそ創業15年以上営業し実績があります!
その日にお金が急に必要になっても安心の即日即金制で、対面式の安心がある店舗型なので
心配や不安なこともその場でプロのスタッフが対応致しますので解消されます!

営業案内

東武スカイツリーライン春日部駅西口徒歩5分!
イトーヨーカドー近く・ターキーボウル裏手
10:00~20:00(新規受付時間19:00)(2回目以降は19:30)

カード現金化やお金TOPページ

 

皆様のご来店をお待ちしております。

Follow me!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す