埼玉県春日部市又は、さいたま市(大宮)の店舗にて
ご案内致します。
お手持ちにクレジットカードが1枚あれば大丈夫!
クレジットカードのショッピング枠を即日現金化
安心の店舗型営業!
創業15年の当店へおまかせください!
カード現金化!カードでお金はお金の救急隊まで!

カード現金化やお金のTOPページ

現金化の流れ

店舗案内(地図あり)

川口の鋳物とは

材料(鉄、アルミ合金、銅、真鍮)を液体になるまで熱し、それを型に流し込み、冷やし目的の物を造る方法。
人が初めて金属を加工した
技法で、古くは金・銅・青銅・黄銅などの銅を使った銅合金が主流であった。
昔は鉄の精錬は難しかったが武器としての性質が優れていたので、金よりも価値が高いとされる時代もあった。

川口市は埼玉にある日本一の鋳物工業地です。

川口市の鋳物製造の歴史は古く、江戸時代になると鍋や釜や鉄瓶の日用品や
農機具、梵鐘、灯篭、鰐口、天水鉢などを造った。

川口で大砲製造

幕末ともなると幕府、各藩から、大砲や弾丸を受注するようになる。
日清、日露戦争までの時期となると川口鋳物が近代工業に発展する基礎をつくり、とくに日露戦争以降、飛躍的な発展を遂げる。

川口の発展

1947年、工場数703社、全国鋳物産業の3分けの1を占めるようになる。
1973年になると、40万tの生産量となる。

川口の鋳物工業の現在の活躍

鋳物製品の難しさは軽さと強さです。
その技法をいかし今現在生産しているのが車止めや料理には必需品のフライパンに鍋。
そして川口駅の銘板などを造り特に鋳物フライパンは魔法のフライパンとも言われ
蓄熱性の高さから根強い人気を誇っています。
料理のバリエーションが豊富で中でも火の通りにくい肉類が美味しく作れることから全国各地やシェフなどから大量の注文が殺到しています!
photo04 img_gallery08

国立競技場の聖火台は1958年、東京で開催の第3回アジア競技大会で使われました。
当時、川口鋳物の代表作といわれ鋳物師・鈴木万之助・文吾親子が製造しました。
後の1964年の東京オリンピックでも使われ、全国に川口鋳物の技術力を広く見せつけました。
また現在は、2020年に開催予定の東京オリンピックでも川口市の鋳物が聖火台として使用される要望書をオリンピック委員会に提出しています。
img_gallery_s03
昭和に開催された東京オリンピックから56年の歳月と時間を超え現在に蘇る川口鋳物を見てみたいものです。

川口市は見所いっぱい『川口天然温泉』『川口市オートレース』 併せてご覧ください!

川口市近隣『川越市きものの日』『戸田市ボートレース』『蕨市観光スポット』『朝霞市ニュース
越谷レイクタウンの案内』『越谷レイクタウンのイベント』是非読んでください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう