埼玉県三芳町が世界農業遺産を申請!県指定旧跡「三富新田」

今日は、埼玉県指定旧跡「三富新田」をご紹介致します(^o^)丿

知恵がつまった埼玉県指定旧跡「三富新田」

元禄7年(1694年)7月、長年争いを繰り返してきた北武蔵野の土地では、幕府評定所の判断で川越藩の領地である事が認められた。
これにより、当時の川越藩主柳沢吉保は新田開発を推進し、吉保の命を受けた筆頭家老曽根権太夫ら家臣によって、開発が行われた。

開発が始まってから2年後の元禄9年(1696年)5月に検地が行われ、上富91屋敷、中富40屋敷、下富49屋敷の合計180屋敷の新しい村々が、
見事にできあがり、これが「三富新田」です。

「富」の由来は「豊かな村になるように」との古代中国の孔子の教えに基づくものだそうです(^-^)

三富の地割は、水に乏しく栄養が少ないという厳しい自然条件を克服するための様々な知恵が詰まっています!

屋敷地

屋敷の周りには、竹・カシ・ケヤキなどが植えられた。
竹は、地面に根をよく張るため地震に強く、また農具や生活に使うものを作る竹細工の材料になります。
カシは農具の柄になり、その実は飢餓のときの非常食になります。

ケヤキは建材として大切に育てられました。家にとって必要な時以外は決して切る事はありません。
これら屋敷林を育てたことにより、保水力が上がったと考えられています。

耕作地

一日の耕作の目安として、5畝単位に区切られていた。
乾燥した畑の土は、春と冬の季節風により巻き上げられてしまう事があり、
先人たちは畑にウツギを植えて風を防ぎました。

その後、お茶が商品作物としての価値が高まるとウツギから茶の木に変わり、
「畦畔茶」として春先の重要な作物となりました。

平地林(雑木林)

薪炭材として利用しやすく、葉が堆肥として醗酵しやすい木が選ばれて代々の農家が育ててきました。
主な木の種類は、コナラ・クヌギ・エゴです。
エゴの木は、杭に利用されました。

冬に落ち葉を掃き集めて一年以上かけて堆肥にし、それを畑に投入して土を作りました。
「一反の畑に一反のヤマ」と言われるように、よ良い作物をつ作る為には平地林からの恵みは欠かせないものです!

緑濃い雑木林と美しく区画整理された畑には、
三芳の大地を開拓した先人たちの知恵がたくさん詰まっています。

その歴史の跡をたどれば、エコロジーに配慮した循環型の暮らしのお手本を学ぶ事が出来ます(´ー`)!!

埼玉県三笠町でクレジットカード現金化は「さいたまギフト店」

埼玉県三笠町周辺で「クレジットカードのショッピング枠を即日現金化」をご希望のお客様は、
創業15年の実績安心安全「さいたまギフト店」に是非お任せ下さいませ(^◇^)!!
当店は年中無休で営業しております♬♬
もちろん即日即金でお客様のサポートをさせて頂きます!!

あらかじめお客様ご自身でクレジットカードのショッピング枠をご確認されてからご来店されますと、非常にスムーズです(‘◇’)ゞ
クレジットカード現金化の詳しいシステムや内容はこちらから(=゚ω゚)ノ

カード現金化やお金のTOPページ

[さいたまギフト店]

▼電話番号▼

0120-8888-22

▼店舗案内▼
さいたま市大宮区桜木町2-308-4 2F
※国道17号線桜木町交差点の埼玉りそな銀行さんの裏手にございます。

詳しい地図はこちらどうぞ

さいたまギフト店外観

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう