【京都市東山区観光まとめ】八坂神社をご紹介

【京都市東山区観光まとめ】八坂神社をご紹介

【京都市東山区観光まとめ】八坂神社をご紹介

京都府京都市東山区の観光名所である、八坂神社をまとめてご紹介致します。八坂神社は官幣大社という格式の高い神社として有名です。官幣大社とは、天皇、天皇の先祖などをまつられている神社のことをいいます。

京都市東山区の八坂神社は、全国各地の八坂神社という名が付く神社、関連する神社の総本社、中心の神社です。八坂神社に関係がある神社は2,300以上もあるといわれています。

明治時代以前は牛頭天王(ごずてんのう)という頭の上に牛の頭を乗せた神様がまつられていましたが、明治元年に神仏分離令(神と仏、神社と寺をはっきり分ける)によって、祇園神社という名前から八坂神社に変わりました。

牛頭天王の他には八王子、頗梨采女(はりさいじょ)という神様がまつられていました。牛頭天王はインドの祇園精舎の守護神で、日本では須佐之男命(すさのおのみこと)と同じ神様といわれています。頗梨采女は牛頭天王の奥さんだそうです。

明治時代に入ってからは神様が変わり、須佐之男命、櫛名田比売(くしなだひめ)、八柱御子神(やはしらのみこがみ)がまつられています。櫛名田比売は須佐之男命の奥さんです。八柱御子神ですが、須佐之男命と櫛名田比売の間に生まれた8人の子供の神様といわれています。

気になるご利益は疫病除け、厄除けです。京都で有名な祇園祭りは病魔退散のために行われています。きっかけは平安時代に疫病が流行り、祇園社にて祇園神として須佐之男命(牛頭天王)にお祈りしたことが始まりだそうです。祇園社の総本社が八坂神社です。

京都市東山区へ出張、観光などでお越しの際は八坂神社へお越しになられてはいかがでしょうか?ちなみに、八坂神社には芽の輪という大きな輪っかがあり、これをくぐると疫病退散できるとの事です。

八坂神社アクセス
京都府京都市東山区祇園町北側625

カード現金化京都市東山区祇園祭り八坂神社