【千葉県柏市歴史まとめ】柏駅の開発などご紹介

【千葉県柏市歴史まとめ】柏駅の開発などご紹介

【千葉県柏市歴史まとめ】柏駅の開発などご紹介

千葉県柏市の歴史をまとめてご紹介致します。現在の柏市は東京へのアクセスの良さからベッドタウンとして栄え、マンションなどの団地、集合住宅などの開発が進み、人口の数は多く、約41万人の方々が生活しています。

江戸時代の柏市は水戸街道の宿場町である小金宿(現在の松戸市)と我孫子宿(現在の我孫子市)の間にある小さな集落でした。明治29年、常磐線の柏駅開発をきっかけに柏市の発展が始まります。

大正時代に東武野田線(東武アーバンパークライン)が開通、柏駅はより多くの人々が利用しやすい駅に変わります。昭和35年、柏市の大半を占めていた農地の開発が進み、マンションなどを建設、住みやすい街づくりによって小さな集落だったとは思えないほど人口が増えます。

柏市に住む人が増え、鉄道の便利さが変わり、柏駅の大掛かりな工事を始めます。ペデストリアンデッキという建築方法を初めて柏駅が採用しました。

ペデストリアンデッキとは、立体的な駅の作りの事をいいます。高架建築物とも呼ばれ、歩道橋と広場を併せ持った建築方法です。駅の下でロータリーを見かけた事はありませんか?あれがペデストリアンデッキなのです。

柏駅開発後、そごう、高島屋などの百貨店が駅前に進出し、住むだけではなく、ショッピングなどを楽しめるスポットとして姿を変えていきます。百貨店が出来たての当時、千葉県にいながら東京に遊びに来たような気持にさせてくれたそうです。

ちなみに、ディズニーランドの開発に柏市も絡んでいたのはご存知でしょうか?昭和34年、手賀沼ディズニーランド計画といわれ、浦安市の他に柏市、我孫子市、白井市、印西市にまたがる利根川の手賀沼がディズニーランドの候補地になっていました。

手賀沼周辺を埋め立てしましたが、別荘地、住宅地として栄えていた事から、手賀沼ディズニーランド計画を断念、浦安市で進めることになりました。もしも、手賀沼でディズニーランドが出来ていたら柏市はもっと変わっていたかもしれませんね?

本日は千葉県柏市の歴史についてご紹介させていただきました。ご覧頂きありがとうございます。

クレジットカード現金化千葉県柏市手賀沼ディズニーランドまとめ