【クレジットカード現金化まとめ】千葉県千葉市カードでお金の救急隊

【クレジットカード現金化まとめ】千葉県千葉市カードでお金の救急隊

【クレジットカード現金化千葉市】カードでお金の救急隊

【クレジットカード現金化千葉市】カードでお金の救急隊

お金の救急隊とは、クレジットカードに付いているショッピング機能、買物枠で現金が作れる現金化というサービスを提供しているお店です。創業して十数年、多くのお客様から反響を頂いております。

実店舗は埼玉県春日部市、千葉県柏市、栃木県小山市、群馬県高崎市に展開をしております。お店にて直接クレジットカード現金化のご案内が可能となっております。

千葉県千葉市、中央区、若葉区、花見川区、緑区、稲毛区、美浜区などの各駅前でご利用頂けます。クレジットカードでお金に現金化をお考えの方は是非、来店不要のサービスをご活用ください!全国各地、いつでもどこでもご案内致します。

現金化についてですが、キャッシングとは違いますので面倒な審査はありません。クレジットカード現金化を来店不要でご利用の際は振込先の口座、お客様の身分証明書が必要となります。

来店不要の現金化サービスでしたらスタッフと対面せずに簡単なお手続きでご利用頂けますのでおすすめです。電話一本、業界最速振込み、お電話頂いた日に、その場ですぐに送金致します。ご安心下さいませ。

千葉県千葉市の各駅前からお気軽にお問合せ下さいませ。

お金の救急隊とは

ショッピング枠の現金化とは

現金化のご相談を店舗でお考えの方は是非、春日部駅前ギフトショップ春日部ギフト、柏駅前ギフトショップ柏ギフト、高崎駅前ギフトショップ高崎ギフト、小山駅前ギフトショップとちぎチケットまでお越し下さい。

千葉県千葉市、中央区、若葉区、花見川区、緑区、稲毛区、美浜区などの各駅前、周辺で培ってきたノウハウを活かし、安心、親切、丁寧を心掛け、お客様のお悩みを解決致します。

クレジットカードその物に関する疑問、一括払い、分割払い、リボ払いの違いについてや、現金化のサービスについてなど、お気軽にご相談下さいませ。相談無料で受付しております。

0120888822千葉県千葉市お金の救急隊まとめ

カード現金化やお金のTOPページ

tel:0120-8888-22

1007 1207 2020 2679 mon

【クレジットカードでお金】千葉市現金化は振り込みOK

【クレジットカードでお金に現金化】千葉市現金化は振り込みOK

千葉県千葉市、中央区、若葉区、花見川区、緑区、稲毛区、美浜区などの各駅前、周辺でお客様より多くの反響を頂いております。お金の救急隊が最速でお持ちの口座へ振込みが出来る仕組みについてご紹介を致します。

ご利用の際はお買い物が出来るクレジットカード、振込先の銀行、信用金庫、信用組合などの口座が必要になります。お電話にてお問い合わせをいただき、店舗までの来店は不要です。お金の救急隊スタッフが丁寧に現金化をご案内致します。仕組みは簡単ですのでお急ぎの方でも安心してご利用が可能です。

お客様がお持ちの各種金融機関、振込先の口座が確認出来た時点で振り込みの準備に入ります。スムーズに手続きが進めば当日、最速8分でお客様の口座へご入金が可能となります。

審査はありませんので職業、年収、年齢などは関係なく来店不要で現金化をご利用頂けます。千葉県千葉市よりご年配の方、専業主婦の方なども安心してご相談下さいませ。

お金の救急隊0120888822千葉県千葉市

【千葉県偉人まとめ】伊能忠敬(いのうただたか)ご紹介

【千葉県偉人まとめ】伊能忠敬(いのうただたか)ご紹介

千葉県の偉人、伊能忠敬をまとめてご紹介を致します。歴史の教科書に載っている大変な偉人です。伊能忠敬は江戸時代に活躍。日本地図完成を目標に17年以上もの歳月をかけ全国を渡り歩いた事で有名ですよね?

伊能忠敬は現在の千葉県中部に位置する上総国(かずさのくに)で生まれました。現在の千葉県九十九里町に末っ子として生まれ、子供の頃の名前は小関三治郎(さんじろう)と呼ばれていたそうです。

子供の頃、そろばんや読み書きを中心に、将来必要になるであろう知識を勉強していたそうです。そろばんを初めて半年で才能を発揮し、17歳になると土浦の医者の下で医学を教わっていました。

ちなみに、伊能忠敬の苗字は婿入りして小関から伊能に変わっています。伊能忠敬は日本地図を作る前は商人として生活をしていました。それも一緒にまとめていこうと思います。

後の伊能忠敬の妻、伊能ミチの話です。伊能家は現在の千葉県北部の下総国(しもうさのくに)で酒造をしていました。ミチが子供の頃に父と兄が他界。親戚の人が酒造の経営をしていたそうです。

ある日、小関三治郎(伊能忠敬)は土木の仕事を初めます。伊能ミチの母の兄が土地改良の工事の現場監督に小関三治郎を推薦します。現場監督として仕事ぶりを評価され、伊能家に認められた小関三治郎は伊能ミチと結婚する事になりました。その際に忠敬という名前を貰います。

伊能忠敬が婿入りした地域は利根川を利用した河川舟運(かせんしゅううん)が盛んでした。舟運で江戸と深い繋がりがあり、様々な物、情報、人々が行き来していたそうです。

佐原村(現在の香取市)という場所で、武士は一人もおらず、村民は伸び伸びと暮らし、経済活動していました。伊能家は酒造、醤油の耕造、貸金業、利根水運に関わる事業などを営み、佐原村の自治に対して影響力が多きかったといわれています。

伊能忠敬はめきめきと経営者としての実力を付け結果を残します。伊能家のライバルに永沢家がいました。永沢家は事業拡大により成功し、商人でありながら名字帯刀(みょうじたいとう)を許される身分でした。一方、伊能家は名字帯刀は許されていません。

名字帯刀とは、江戸時代に武士ではない身分の人(平民、商人、村長など)が血筋を表す家の名前を名乗り、刀を差して歩く事を許される事をいいます。

永沢家に対し伊能忠敬は対抗心を燃やして商売を頑張ります。こうしているうちに村の名手を務めていた永沢藤左衛門が亡くなります。その後、伊能忠敬が村の名手となり、政治にも影響を与えるようになります。

浅間山(長野県軽井沢町と群馬県嬬恋村の境界)が噴火し、天明の大飢饉(てんめいのだいききん)が起こります。浅間山の噴火によって各地で米が育たず、不作が続きます。

そこで、伊能忠敬は各地の名手と話合い、地頭に年貢の相談をしました。その結果、年貢は免除。それどころか100両が幕府から支給されました。同じ年に利根川の堤防の工事を任され現場を指揮します。一方で悲しい出来事があり、妻のミチが亡くなりました。

その後、伊能忠敬は地頭から名字帯刀を許可され、永沢家と並ぶ程の実力をつけていきます。

天明の大飢饉の中、伊能忠敬は浅間山の噴火の影響が少ない関西から米を大量に買い占めます。日が経つにつれ米の価値は下がり続け、大赤字の状態になります。伊能家の人々が忠敬に対し、一日でも早く売りさばくように忠告をします。

ある日、利根川が大氾濫し、伊能忠敬が暮らす佐原村の農業に大きな影響を与えます。村中が水浸しになり農業が出来ず、農民は困り果てました。そこで、伊能忠敬は村の有力者を集め、話合い、金銭や米を分け与えるなど人々の救済に出ました。

それと同時に他の村から流れて来た浮浪者にも支援し、質屋に金を融通し、多くの人々が質入れしやすい環境を作りました。その活動は約2年ほど続き、佐原村のみならず周辺の村にも米を安く売るなどしました。

なんと、伊能忠敬は佐原村から一人も餓死者を出さないという偉業を成し遂げました!

江戸で天明の打ちこわしが起きると、伊能忠敬は佐原村の商人を集め、地頭と共に対策を考えます。役人に金を回さず、農民らに回すことで天命の打ちこわしが防げると考えたのです。見事に考えは的中し、打ちこわしを防ぐ事に成功します。

天明の打ちこわしとは、天明の大飢饉によって凶作が続き、暴動が起きた出来事をいいます。町奉行が手に負えないほどの人数が米屋を襲撃し、米の略奪行為をしました。

ちなみに、天明の大飢饉は1782年~1787年、天保の大飢饉は1833年~1839年に起きた出来事です。名前がそっくりですよね?

伊能忠敬は長男に全てを任せ、引退を考えます。内縁で二人目の妻を迎え隠居生活を開始します。伊能忠敬は天文学に興味を持ち始め、天体観測を使い測量、緯度、経度などを出していたそうです。

伊能忠敬は商人を辞め測量の世界へ

伊能忠敬は商人を辞め測量の世界へ

伊能忠敬は50歳を迎えると、高橋至時(たかはしよしとき)に弟子入りをします。暦学、天体観測、緯度、経度、子午線などを学び、天文学や地理学について知識をつけていきます。

江戸幕府から測量の許可を得ると、千住(東京)から奥州街道(国道4号)を北上しながら測量を開始しました。この時、高橋至時には忠敬の他に息子を含め3人の弟子がいました。

伊能忠敬、高橋至時、3人の弟子、測量器具を運ぶ人手3人、馬2頭で測量の旅を始めます。寒くなる前に蝦夷地(えぞち)の観測を済ませたいと考え、1日で40kmもの距離を移動していたそうです。

蝦夷地とは、アイヌが暮らす北海道の以北、北方領土や樺太など周辺の島々の事をいいます。

伊能忠敬らが千住を出発し21日目で津軽半島(青森県)の最北端に到達するという早さでした。悪天候により船を出せず8日間足止めを食らいます。9日目にて出航。悪天候が続き、船の目的地である箱館(現在の函館市)には行かず、松前半島(北海道南西部)に船をつけます。

歩いて箱館に向かい、箱館山(函館山)に登って方位の測定を開始します。歩測を用いて蝦夷地を観測、劣悪な環境で草鞋(わらじ)が破れて困り果てるくらいだったそうです。第一次測量の日数は180日、うち117日を蝦夷地で過ごし、行きとほぼ同じ道を通り千住に到着ました。

蝦夷地の地図を作成後、第二次測量として東海道(国道1号)を歩き、三浦半島(神奈川県)を一周し、断崖絶壁の多い伊豆半島(静岡県東端部)、房総半島(千葉県南部)を一周、銚子(千葉県)から富士山の方角などを調べました。

太平洋沿いを北上。宮城県に位置する塩釜湾岸、松島、岩手県に位置する釜石、宮古(三陸海岸)などを船の上から測量します。宮古湾(岩手県)、下北半島(青森県)を一周し、奥州街道を南下し江戸に到着し、第二次測量の地図を作成します。

その後、第十測量まで長い年月をかけて行い、雨が降ろうが風が吹こうが雪が降ろうが、第一次測量含め17年も日本各地を歩き続けました。伊能忠敬は70歳を過ぎても測量を続けます。ですが、日本地図が完成する前に弟子に看取られながら74歳で生涯に幕を閉じます。

伊能忠敬の師匠の息子、高橋景保(たかはしよしとき)の指示のもと、日本地図作製を続けられていました。この時、伊能忠敬の死は隠されていたそうです。日本地図が完成し、約2ヶ月後に伊能忠敬の死は公のものとなりました。

私たちの身近な存在である日本地図ですが、完成までに17年以上かかり、伊能忠敬らが生涯をかけて作ったと考えると重みが違いますよね?千葉県千葉市からアクセスがしやすい九十九里町出身の偉人を紹介させて頂きました。

クレジットでお金の救急隊千葉県偉人伊能忠敬日本地図

クレジットカードでお金千葉県千葉市まとめ