【奈良市の神社まとめ】春日大社(かすがたいしゃ)

【奈良市の神社まとめ】春日大社(かすがたいしゃ)

【奈良市の神社まとめ】春日大社(かすがたいしゃ)

奈良県奈良市にある春日大社をまとめてご紹介致します。春日大社は奈良市にお住まいの方のみならず、周辺の地域、全国各地から多くの方々がシーズンに関係なく参拝に訪れています。

気になるご利益は開運招福、商売繁盛、災難厄除けなど。奈良時代から現代に至るまで多くの方々に親しまれ、私たちの身近な存在になっています。天皇家が代々、国家と国民の平和、繁栄を願い、御祭文を奏上しています。

春日大社にまつられている神様ですが、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)です。

ちなみに比売神は、田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)三人の女神の総称であり、宗像三女神と呼ばれることもあります。

比売神(宗像三女神)宗像大社についての記事はこちら

日本神話、古事記から話が始まります。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)という夫婦の神様がいました。夫婦の間に火之夜藝速男神(ひのやぎはやおのかみ)が生まれます。

火之夜藝速男神は火の神様で、カグツチとも呼ばれています。カグツチが生まれると同時に母のイザナミがカグツチの炎に包まれて命を落とします。イザナミが亡くなり、怒ったイザナギが持っていた十拳剣(とつかのつるぎ)天之尾羽張(あめのおはばり)という刀でカグツチの首を切り落とします。

刀の根元についた血が岩に飛び散りタケミカヅチが生まれます。タケミカヅチは雷、地震、剣の神様といわれています。一説によるとオオナマズの頭を踏んで地震の制御をしていたのだとか。踏まれるオオナマズは気の毒ですが面白い話ですね?

フツヌシも同じく、血を浴びた岩から生まれました。神々の最後の使者として出雲へ派遣され、大国主命(おおくにぬしのみこと)という神様に国譲りの交渉の仕事を任され承知させました。刀剣が神格されているといわれています。

アメノコヤネの話は天照大神(あまてらすおおかみ)という太陽の神様の話から始まります。アマテラスには須佐之男命(すさのおのみこと)という弟の神様がいました。弟の乱暴っぷりに堪忍袋の緒が切れてしまい、天の岩屋(洞窟の中)に籠ってしまいます。

アマテラスが天の岩屋に籠ると太陽の光が消え、辺りは全て闇に包まれ、悪い神々が次々と現れます。災いが起きることに困り果てた神々は知恵を出し合います。そこで、あるアイディアを思いつきます。

アメノコヤネという神様に天の岩屋の前で歌ったり踊ったりするようにお願いをするのです。外が賑やかになり、隙間から覗くアマテラスを捕まえ、表に連れ出すと世界は再び光に包まれ、悪い神々が退散したという伝説が残りました。

ちょっと長くなりましたが、春日大社にまつられている武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)についてご紹介をさせていただきました。

春日大社は768年、奈良時代に称徳天皇(孝謙天皇)の命により建てられました。日本神話、古事記の話に続いて称徳天皇(孝謙天皇)とはどのような人物だったのかご紹介いたします。

称徳天皇(孝謙天皇)をご紹介

称徳天皇(孝謙天皇)をご紹介

称徳天皇(孝謙天皇)は日本の歴史上では珍しい6人目の女性の天皇です。二回も天皇の位に即位しています。孝謙天皇は聖武天皇(しょうむてんのう)の娘です。

聖武天皇は飢饉、伝染病、国の内乱などを鎮めるため、仏教の力を借りた事で有名ですよね?各地に国分寺、その中心として現在の奈良市に東大寺を建て、大仏を造りました。

聖武天皇は後継者に悩みがありました。男の子が生まれなかったためです。そこで、女性である孝謙天皇が後継者となりました。そこから問題が起こります。当時の日本は女帝という立場では結婚、出産を認められていなかったのです。

そこで起きた問題というのが孝謙天皇の後継者問題です。結婚、出産が許されないという事は次期天皇を親族から選ばなければならないという事です。ちょっとドロドロした展開になってきましたね?

孝謙天皇は父の聖武天皇、母の光明皇后(こうみょうこうごう)、藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)の力を借りて政治活動をしていました。聖武天皇が亡くなると、藤原仲麻呂が裏で天皇をコントロールするようになります。

孝謙天皇は聖武天皇の遺言を無視し、淳仁天皇(じゅんにんてんのう)を即位させ、孝謙天皇は上皇になります。淳仁天皇は藤原仲麻呂の力を借りながら政治をしていたそうです。

淳仁天皇が藤原仲麻呂と共に政治を進める中、孝謙上皇(孝謙天皇)が病に倒れます。そこで現れたのが弓削道鏡(ゆげのどうきょう)というお坊さんです。弓削道鏡は呪術などで孝謙上皇を看病します。

弓削道鏡の魅力にひかれ、孝謙上皇は恋をしてしまいます。元天皇とはいえ一人の女性だったんですね。孝謙上皇と弓削道鏡が恋人同士になると、藤原仲麻呂が二人の関係を警戒するようになります。

弓削道鏡が権力を持った場合、藤原仲麻呂を脅かす存在になるのでは?と考えたのです。淳仁天皇が孝謙上皇に対し、弓削道鏡に気をつけるよう話をしますが、それを孝謙上皇が聞き入れる事をしません。

それどころか、淳仁天皇を天皇という位から退位させ表舞台に立てない様にします。藤原仲麻呂がクーデター(藤原仲麻呂の乱)を起こしますが失敗、その後、淳仁天皇は島流しで亡くなります。

孝謙上皇は称徳天皇として即位、再び政治の表舞台に立ちます。称徳天皇と弓削道鏡が二人で政治を始めますが大きな問題がありました。弓削道鏡には政治の経験が一切無かったのです。

弓削道鏡と親しい者だけが残ったせいか日本の政治が急加速的に腐敗していきます。経験や家柄など関係なく、弓削道鏡に気に入られた者だけが政治活動を許されたのです。恐ろしい話ですね?

弓削道鏡が仏教界の頂点、法王になります。法王とは仏教の世界では天皇の更に上の位だそうです。こうなっては弓削道鏡の暴走は止まる事を知りません。弓削道鏡の出世の欲が止まらず、自らを天皇にしようと動き始めるのです。

弓削道鏡は称徳天皇に対し、自らを天皇に即位させるよう嘘のお告げを伝えます。いくら弓削道鏡にメロメロだったとはいえ、嘘か誠か判断がつきません。そこで、相談役に抜擢されたのが和気清麻呂(わけのきよまろ)という人物です。

カード現金化お金の救急隊奈良県奈良市春日大社まとめ和気清麻呂

称徳天皇は和気清麻呂を宇佐八幡宮に派遣させます。何故、宇佐八幡宮に派遣させたのかというと、弓削道鏡のお告げに宇佐八幡宮で即位させるように。と、あったからです。真実を確かめるべく和気清麻呂が旅立ちます。

和気清麻呂が宇佐八幡宮から戻ると、弓削道鏡は即位が待ち遠しくそわそわし始めます。ですが、弓削道鏡が望んだ結果にはなりませんでした。和気清麻呂の口から出てきたのは弓削道鏡のお告げとは真逆の答えでした。

和気清麻呂が手にしている宇佐八幡宮の神託(神のお告げ)に、天皇には必ず皇族を即位させよ。と書いてあったのです。欲に溺れた弓削道鏡はそれに対し腹を立て暴れます。

ですが、冷静に話を聞いていた称徳天皇は弓削道鏡を即位させないとし、この事件は幕を閉じます。宇佐八幡宮神託事件と呼ばれています。残念なことに和気清麻呂は権力によって左遷される事になってしまいます。ですが、天皇家を守るために戦った大変な偉人だと思います。

称徳天皇(孝謙天皇)について話が長くなりましたが、ご覧頂きありがとうございました。奈良市へお越しの際は、多くの歴史が眠る春日大社へお越しになられてはいかがでしょうか?

ちなみに、奈良市に鹿が多い理由をご存知でしょうか?神様が鹿と共に降りてきたことから鹿は神の使いとして昔から大切にされていたそうです。

現金化奈良市春日大社カードでお金の救急隊まとめブログ