【福岡県の神社まとめ】宗像大社(むなかたたいしゃ)

【福岡県の神社まとめ】宗像大社(むなかたたいしゃ)ご紹介

【福岡県の神社まとめ】宗像大社(むなかたたいしゃ)ご紹介

福岡県北九州市からアクセスがしやすい神社、宗像市の宗像大社をまとめてご紹介をいたします。三大八幡である大分県宇佐市の宇佐神宮、京都府八幡市の石清水八幡宮、福岡県福岡市の筥崎宮と同じく、三人の女神がまつられています。

田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の三人の女神をあわせて宗像三女神(むなかたさんじょしん)と呼んでいます。

宗像大社はご利益は交通安全、海上安全、豊漁。宗像三女神はあらゆる道の神様として、宗像市にお住まいの方を中心に周辺の地域、また、遠方から多くの方々が参拝に訪れています。

宗像三女神の登場は日本神話、古事記から始まります。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の夫婦の神様が、高天原(たかまのはら)に住む神々から国生みを命じられ、日本という島国が誕生します。

その後、天照大神(あまてらすおおかみ)、月夜見尊(つきよみのみこと)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)が生まれます。素盞鳴尊は気が荒く、追放される事になってしまいました。

素盞鳴尊は姉である天照大神に別れを告げに高天原に行きました。前触れもなく山河が鳴り響き、大きく揺れ動きます。大地震のようなイメージでしょうか。素盞鳴尊に攻め込まれたと勘違いした天照大神は武装して待ち構えます。

素盞鳴尊は姉の天照大神に戦をしに来たわけではない。別れを告げに来ました。と、話をしますが天照大神はそれを聞き入れる事をしません。いくら話そうと疑いが晴れないため、素盞鳴尊は疑いを解くための提案をします。

天の安川を挟んで誓約をしようと言いました。男神が生まれれば潔白として申し出ます。天照大神が素盞鳴尊の持っている剣、十拳剣(とつかのつるぎ)を噛み砕き、息を吹きかけると三人の女神が生まれました。

その三人の女神というのが宗像三女神である、田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)です。宗像三女神が生まれた後、素盞鳴尊が天照大神の勾玉(八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠)を噛み砕き、息を吹きかけると五人の男神が生まれました。

天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)、天穂日命(あめのほひのみこと)、天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いつくひこねのみこと)、熊野櫲樟日命(くまのくすひのみこと)が生まれ、身の潔白を証明しました。

全国各地に数え切れないほど神社がありますが、私たちの身近なものになっていますよね?ルーツを辿ると日本神話から始まる神社が多く、日本という国は神様を大切にしている国だと感じました。

観光や出張等で北九州市へお越しになる機会がある方は是非、北九州市からアクセスがしやすい宗像市の宗像大社にて日本神話の歴史について触れられてはいかがでしょうか?

宗像大社アクセス
福岡県宗像市田島2331

カード現金化北九州市お金の救急隊まとめブログ